柳田印刷では長年、食品関連を中心にパッケージ開発に携わってまいりました。

 

 

お客様が小売店で初めてあなたの商品を目にした場合には、パッケージからその品質を判断するしかありません。

初回購入に限っては「商品の質・おいしさ」ではなく「パッケージ」が商品の売り上げを左右します。

 

 

ですから、小売店に並ぶパッケージには「目を引く色・写真 ⇒ POP、のぼり、声掛け、賑やかさ」

「おいしそうな写真 ⇒ 試食販売、香り、音」「詳しい商品説明、レシピ ⇒ マネキンさん、店員さん」といった役割が必要です。

 

 

そこで、柳田印刷では売れるパッケージデザインを作り上げるために、

 

 

・必ず売り場を見るようにして

・必ずその商品と他の商品を体験(買う・作る・食べるなど)してみて

・必ず商品をパッケージに入れてみて

・必ず他の商品と一緒に並べてみて

 

 

パッケージの開発を行います。またパッケージデザインの中身には必ず、

 

 

1.お客様の目に留まる

2.お客様が思わず手に取る

3.お客様にメリットが伝わる

4.お客様の背中を押す

 

 

という4つの要素を組み込むようにしています。

 

 

※ 柳田印刷では『売れる』という言葉を、短期間で爆発的な売り上げを出すことではなく、長期に渡って売れ続け、

のちに水平展開や垂直展開を絡めて収益の柱となる商品グループとして成長していくこと、と定義しています。

 

 

『パッケージデザイン4つの要素』 につづく ⇒

 

 

 


Copyright© 2014  柳田印刷 有限会社 All Rights Reserved. 管理

〒839-0862  福岡県久留米市野中町586-2
電話:0942-21-4923(代表) FAX:0942-21-4538